8月
2014

不動産担保ローンの審査について

不動産担保ローンを申し込んだら、審査が行われます。

これで可となれば融資が実行されますし、不可となるとその金融機関では不動産担保ローンはしてもらえないということになります。

どの金融機関に申し込んでも必ず審査は行われます。

その審査に通るポイントというのはどんなものなのでしょうか。

どの金融機関も審査の内容というものは公開していません。

もし決裁不可となった場合も、その理由は公開されません。

では、どうやって通るポイントを探せば良いのかということですが、審査される内容はだいたい予想されます。

まず第一に申込者の収入です。

勤務先や勤続年数、年収などを見て、返済能力があるかどうか見極めます。

そして他社からの借入の有無、有ればその金額、過去の借入実績はどうか、などが審査されます。

もし過去に延滞をしていたとか、破産したという場合は通らない可能性が高いです。

そして不動産担保ローンの場合は担保にする不動産の価値が調べられます。

もし1000万円借りたいのに担保価値がものすごく低い場合は希望額通り融資されない可能性があります。

自分が持っている不動産の価値は事前に調べることもできますから調べておいて、それに見合った額の融資を申し込むとスムーズに進むかと思います。

審査はその人に返済能力があるかどうか、担保物件が融資希望額に見合っているかどうかが中心となるでしょう。

少しでも良く思われたいと事実と違うことを申込書に記入する人がいますが、調べればすぐにわかるのでしてはいけません。

関連知識…http://mbp-tokyo.com/goto/column/36235/(資産価値について)